中年になってからASD+ADHDと診断された記録

40代でASD・ADHDと診断されました。生活や思ったことの記録です。

 初めて手帳で割引してもらった。手帳を開けてみたり本人確認されたりしないですぐ通って拍子抜けした。(手帳自体が本人確認書なので当たり前か)

 フラバに効く儀式(?)として、「あ~今フラバしてるな~」と自覚するというのがあるが、その時の気分によって効いたり効かなかったりする。

 医師に言われたこと
「2次障害の社会不安障害です」
(仕事は)「お客さんが怒って帰っちゃう…ってことないなら合格ですよ」
(頭の中に聞いたことある曲が勝手に再生されて疲れてるときは自分でもうるさいのが何十年もずっと)「発達障害の関係ですね」

 お昼になったら「休憩行ってください」と言われる。
 終業時間になったら「帰ってください」と言われる。

えぇ!!! 良いのか!?!?!!
と、毎回のように内心びっくりする。


以前にいた会社(複数)ではこういうことがあった。
  • 「お昼食べたら戻ってください」と言われ、規定通り1時間休憩したが本当は昼食食べ終えたら休憩せずすぐ仕事に戻れという意味だった。
  • 昼休みでも電話・来客があったらすぐ出なくてはならない。なので昼休みに外出できない。
  • タイムカードも残業代も無いので、仕事が終わるまで会社にいる。自分の仕事が定時で終わって帰ろうとすると、「時間だけ居ればいいと思ってるのか!」と言われる。
  • 残業するならタイムカード押してからにしろ、みんなそうしてると言われる。
その会社の社風をみて合わせることになるが、なかなか慣れない。

 病院でどこまで話していいのか…
 先生と合ってないんじゃ…
 自分が変な事ばかり言ってる気がしてイヤだ
 医者が言うんだから対人不安なのか自分は?
 カモられてるのか?

 もうどうしたらいいかわからんがとりあえず精神科には通っている。
 話すことを必ずメモに書いて持って行ってたが、メモ無して行くことも増えてきた。

 病院で毎回のように「転職は?」と聞かれるのがツライ。「若いうちが…」と言われてもわかってるけど行動するのがおっくう。

↑このページのトップヘ